二重整形のこんな場合

二重整形のこんな場合

私は大学生だったころに目の美容整形を受けました。
もともと片方ずつが一重と二重の目だったために、特に中学生のころの思春期の時期などはとても気になってしまい、毎日鏡を見てはとても憂鬱な気分になっていました。


他人から見ればそんなに大したことがない問題であっても、本人である私はとても気になってしまい、毎日いつかは美容整形してきれいな二重にしたいと思うようになりました。

そんな気持ちのまま青春時代を過ごし、大学生になったころに、思い切っては母に美容整形が受けたい思いを相談しました。

絶対に美容整形には反対されると確信していた私だったのですが、母は私が目のことを気にしていることに昔から気づいていたし、その美容整形を受けることで私の気分が変わるのなら受けてもいいと思うと賛成してくれました。

それからは美容整形について父にも了承を得て、美容整形を受けるために美容外科を訪れました。何もかもが私にとって初めてのことでとても緊張しましたが、昔からなりたかった二重瞼にやっとなれるかと思うと、わくわくした気持ちのほうが強かったです。


私の場合は片目だけが一重だったため、片方の二重にあわせたラインで二重を作ってもらうことになりました。二重瞼の手術自体はとても短時間で終わりびっくりするほどでした。やはり手術室に入るととても緊張はしましたが、周りの先生や看護婦さんがやさしく話しかけてくれ、とても和みました。

無事に手術も終わり、念願だった二重瞼を手に入れることができました。


美容整形はまだまだ反対する方も多いかと思います。親にもらった体を自ら傷つけるのはよくないなどといった意見ももちろんなのですが、そのコンプレックスが本人にとっては他人が思うよりもとても深刻であったり、性格にまで影響してしまう場合もあるのです。

目・二重の整形のおすすめ病院ランキング | 口コミ広場

そんなコンプレックスが美容整形で解消できるのであれば、私は美容整形を受けてもいいのではないかと思うのです。
なぜなら私が美容整形によってコンプレックスを解消できた一人だからです。